<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

誕生日

 朝起きて、気が付いた。
夫の誕生日だ!私の末の弟も、夫より12歳年下だが、誕生日だ。
夫は若く見えるが、70歳になったのだ!!
先日、チラッとそのことを思い出したのだが、自分のことが
ショックでもあったので、何も用意できなかった。
 
 夫と初めて会ったのは、高校1年の秋だった!
彼は5歳年上で、大学生だった!
 
 友達に誘われて行った教会に、私より1週間後だか先だかに
来たのだ。
 長いこと、ただの知り合い!だった。
見た目は可愛い顔をしていた!
でも、スッごくドジで、不器用で、無口で、ドジだった。
早死にをした父のぶん、パワフルになって来た。

   昨今、私たちが交わしている、ものすごいののしりあい!!
等はあの頃、思っても見ないことだった。

 彼の父は、彼が生まれて5ヶ月で、病死した。
その分彼は、年毎に、パワーをまして?めまぐるしく
どたばたしながら、ものすごい勢いで、毎日を過ごしている。

 甘いものが大好きで、ケーキを買い損なったのは
珍しいことだ。
 あと何年の2人3脚か知らないが、とにかくレース?は続く!
 
 
067.gif067.gif067.gif
[PR]
by popmamy | 2009-11-26 01:56 | 一般

暮の元気なご挨拶!

 今年も某、生協が主になって、団地集会場で、ステキな、
美味しい!コンサートがあった。
 以前は私も出資者の一人だったけど、子供も成長し、夫婦だけの
生活では、注文しすぎたり!商品を消化しきれず・・なのだが
 でも、暮の入り口で、試食会とコンサートのひと時は楽しい。
去年は、確か、三味線とギターを若い男性が演奏したようなあ
 今年は、オカリナとフルート。
団地の集会場は、50人くらいがゆったり座れる大きさかな?
 演奏されたのは、
     大きな古時計
     イスターディワーンスモア
     ゲー線上のアリア
     星に願いを
     りベルタンゴ
     星に願いを
     my faritethings
     涙そうそう
オカリナもフルートも 耳にしっとり
 ワインも(紙コップ)だったけど、注がれ、良い感じ。
先月引っ越してきたご夫婦も、耳を傾ける。
  演奏が終ってから、サンドイッチや、生協の品物を
使っての美味しい、サンドイッチやサラダ

 家から徒歩で数分。
 毎年、楽しみな 耳に心地よく、お口のなかは
美味しさにあふれ 写真を撮ば良かったと悔やまれ
つつも、良い晩だった。
     
    
 
[PR]
by popmamy | 2009-11-15 01:37 | コンサート

 輝く金髪を持った、英会話講師が殺されてから、3年近く
キツイ顔、目立つかおをしていた犯人は、やっと逮捕された。
 彼の顔は、一度見たら、忘れられない!鋭い目つき
ホリが深いというか。
 そして、いくらポスターを貼っても、目撃者は居ない。

 そう、顔を整形種々手術していたのだ。
彼は、自分の顔を好きだったろうか?
 何度か整形手術を繰り返して、鋭くは無い、無表情な顔に
なってた。
 記者会に、コメントしている両は、冷静で、息子が捨てたを
顔を、そっくりと継承している。
元の顔と言うか、本当の顔は、迫力あった!彼はその顔が
好きだったか嫌いだったかわからない。
 長い年月には、縫ったり寄せたり寄せたり、削ったりした
顔はまた、元の顔に戻リたがるだろうか!
殺された、美しい女性は、本当にかわいそう。
 
[PR]
by popmamy | 2009-11-11 01:11 | 一般

Miss JJのコンサート

 Miss JJ は、4,5年前から、私たちの教会に来るようになた。
初めて来た時は、会堂の後ろの方の席に座った。
礼拝が始まり、奏楽者ががオルガンを引き始めると、後ろの方から
綺麗な声ポプラのが流れてきた。
  どこかの教会の教会員だが、遠いのか、それからは
定期的に、通ってくるようになった。
 礼拝が終るちょっと前に帰られることが多かった。
それでも定期的にいらっしゃるので、だんダン話もする
ようになった。
 ご自分の家でも、近所の子供のための
日曜日をやっているので、礼拝が終る頃には、帰って
いかれてた。
 年に1度は、ご自宅で小さな集会と音楽会
をしているそうだ。
 今年もお誘いがきて、私も、初めて!0さんから誘われた。
  みんなクリスマス委員会とか、忙しそうだが
今年は半病人なので!誘いを受けて出かけてみた。
 
 お宅は法政大学多摩キャンパスのすぐそばで、
私も、引っ越したばかりの時は、子供と散歩した辺りだ。
 
 住いは、手ごろな農家で、どこも可愛く手入れされている。
 今年のゲストは、35年間タイで、宣教している、年配の
ご夫妻のお話、台湾人の女性のソプラノ、等で
、約3時間もかかった。
聴衆!と語り手と、全部で10人いただろうか?
 宣教師夫妻の35年、タイに暮してのお話(奥様が大変
だった牢と」思う)生で膝突き合わせて聞くお話は、ご苦労では
あっても、明るく淡々と苦労を語り、感じ良かった。
 一人で暮らすのには十分の広さの古農家は可愛い。
ピアノの演奏も、ソプラノの歌も目の前で 3時間は長いが
まあ良い午後だった。
 毎週教会でお会いするjjさんが、ちょっと近くなってきたかな!
今ごろは、タイね戻り、旅の荷を降ろしたであろう宣教師
夫妻に思いをはせて、新しい1週間をはじめた。





 
[PR]
by popmamy | 2009-11-03 00:38

お風呂

 夏の終わりごろ、古いお風呂が壊れ、色々な手遅滞もあり、
湯船にゆったり使って入るまでに、時間がかかった。
 やっと、湯加減も、丁度良く、お風呂らしいお風呂にはいれる
ようになった。
 初めは、栓をを捻ると、自分の顔にシャワーのお湯が
ジャーッとかかる。
 温度が中々上がらない。何時までも上がらない!
前の給湯器はどうなっていたのだろう?
 
 しかし、呆けたとは言っても、、お風呂にはいるたび
自分の顔の正面ににお湯をかけていれば、さすがに!
頭ではなく習慣みたいなものが出来て、今日は
無事!いきなりの洗礼!は免れた。
忘れて行く習慣と、新たに習得した習慣!か!007.gif033.gif
[PR]
by popmamy | 2009-11-01 23:53 | 一般