<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

不器用

 夫の従兄が山形で、ワイン製造と販売をやっている。
戦前は日本酒の造り酒屋だったそうだ。
 
 この仕事に携わる人たちが、「お酒は飲めない!」
夫は、何かと、自の母親の実家でもあるワインを守り立てようと
何かと利用している。「贈答用に買っておく」
しかし、期限過ぎまで、台所にゴロゴロさせておくので、私が
後始末!をする事になる。
 それで、私が後始末をすることになる。
と逝っても、ワインは中々消費されない。
 私は不器用で、ワインの栓を抜くのが苦手なのだ。
立てて、日々気温や湿度の変わるキッチンに保管してある。
 ワインのコルクを抜く道具を最近買った。
でも、コルクが乾いているので、中々抜けないし
コルクがボロボロになる。
 あけたワインだって消費するのには時間がかかる。
それでも、夫が買って来たコルク抜きは、ビックリする。ほど
良く抜ける。
 
婿に選んでもらった「デザートワイン」は
まだキッチンの床でゴロゴロしている。
何時誰と飲むのだろう。
孫が始めて我が家の敷居を踏んだ日に、あけるのだろうなあ!
 
 







 

 
[PR]
by popmamy | 2009-04-27 01:06 | おいしいな

最低な・・・・

 私たちは最低な国に住んでいるのかな?一国の首相に、たった一人の
個人が、そう嘆かれたのだもの。誰もが、ついこの間のことを
思い出しただろうな。
 私は日曜日以外に聖書を開かない、怠け者クリスチャンだけど、昨日は
思わず、聖書を取り出し、思い当たる場所を開いて何度も読んでしまった。
(ヨハネ8章7節)

 お酒は美味しい。飲める人は知っている。お茶やジュースも
美味しいけど、そうたくさんは飲めない。お腹が、ガボガボになって
しまう。でも、ビールやワインは、(特にビールやワインは)
どんどん吸収されて、飲もうとおもったら、いくらでも!飲める
・・・と思う。

 酔っているのに、インタビューに答えなければならない、地位の高い!
人だっているし。
 全く飲めない体質の人もいるし!

私はスマップが好きだ。夜遅く、数人の男の子達が、コタツ(セット)に
ハイって、親しげな、会話を交わし、歌を歌う番組だった。
 一人一人の名前と顔を自然に覚え、剣道の試合などもあり、
月曜日は楽しみだった。
 まだ彼らは中年ではない。
まだまだ、月曜日夜10時、テレビの前に座って、リラックスした
時を持ちたい。
(余談)私の夫も、お風呂から上がって、ひげをそって、
整髪料をつけるまで、一糸もまとわず家の中をウロウロするのだ。
とても迷惑だし、不快だし、とても危険だと思うけど、その間は
近寄らないようにしている。人様に迷惑をかけたこともあるけど・・・

 




 

 
[PR]
by popmamy | 2009-04-25 23:25 | 一般

入学式

 入学式も終わり、桜も散って、あっとい間に緑緑緑
小学校の入学式は、はるか向こう、た~くさんの桜のトンネルの向こう。
 記憶では、突然ある日、よそ行きの洋服を着せられて、
母とてをつなぎ、徒歩20分~30分かかる道を歩き、
桜のトンネルの下をくぐった。
 何の説明も母から聞いた記憶は無く、学校へ毎日
行くようになった。
 母自慢の手づくりぞうり袋。
となりの席の男子が、やけに赤いほっぺをしていて、「やはり」と
母の言うとおり、はしかがうつった。
 そして、3歳半年下の弟に移った。
1学期に、水包装とか、ワクチンを受ける間もなく、感染し、
春の遠足も、春の遠足も行けず、弟と頭を並べて寝ていた。
 夏休みがおわったら、1人の男子が「日本脳炎」で亡くなっていた。
2学期になって、運動会や、秋の遠足に行った。
高尾山だった。あれから、どれだけ高尾山に行ったことだろう!

 こうして小学校にもなれて、小学校3年の1学期、
転校をした。そこで、プつりと、最初の小学校の記憶は途切れた。
このときも、両親からは、何の説明も無かった?
ような気がする。
 1日の授業が終ったとき、先生に名前を呼ばれ、
黒板の前に立ち、今日で○○さんは、よその学校に行くので
今日でお別れです、と言われた。
 そこで、私の
第一の小学校生活は終った。
 引越しの時、トラックの荷台!に乗せられ、走り出した時
生まれて初めての「悲しさ」を体験したl

 そして、3年生の1学期、5月下旬から、第2次小学校生活が
始まった。去った学校の記憶は次第に薄れ、級友の名前も
顔も覚えていない。
 転校した先の記憶が、成長して行く私のうえにどんどん
重なり、今に至っている。
 遠足の写真!はどうしたろう?探せばセピア色の、50人が映った
物があるかも知れない。

 有馬、伊藤、植村。。。高校の出席簿順の名前も、上から
3人くらいしか覚えてい居ない。
女子は石倉さんからだかなあ?
もうこの頃の記憶は、まとめて覚えている。
それがどうした・・・と言えばそれまでだけれど。私の記憶の中に
生きている名前の人達も、何人生きているのだろう?


 
 



 
[PR]
by popmamy | 2009-04-25 01:00 | 季節

bamboo shoot(竹の子)

 私の家の周辺には、春になると、にょきにょきと
筍が芽を出す。
 達人達は、すぐ見つけ、スコップなどで掘る。掘る。
一つ見つかると、次から次に見つける。
 私は、まだ1本も見つけたことはない。
去年から!
 犬の散歩の途中でも、掘り出す。
  
 湿って、やわらかくて、カビの臭いがして、子供の頃
大嫌いな場所だった。
 
 今では、なんだってOK
 それで今朝も、友達が見つけてくれた数本を、犬を引っ張って、
筍をかかえて、家に着いた。
 そして、まず皮をむいて、洗って、茹でて、お醤油とか、
ポン酢をかけて食べた。
 なつかしい味だ。
でも、まだたくさんあって、どうしよう!
 たけのこご飯、お刺身、、、

 夕方、映画友達が来て、実家から持って着て
筍を、すっかりあく抜きして、料理するばかりの状態で
持って来てくれた。
 筍は大好きだが、後はどうしよう!おみおつけに入れる。
冷凍は出来ないだろう!
とてもやわらかいので、野菜炒めなるか!




 
[PR]
by popmamy | 2009-04-24 00:44 | 季節

筍 -

 
[PR]
by popmamy | 2009-04-24 00:08 | 季節

友ありて、遠くから・・・・

 それは昨夜のことだったか、今朝の
夢の中のことだったか
 
 外国語としか思えないアクセントだが日本語の電話
を取った。
 友達から、お土産を預かったから、今日中に渡したい・・・
朦朧tしながら、時間や場所を決めた。
Jサンと言う名前はわかった・・・
2人で行きますとも言っていた。
 Jさんは日本には来ていないらしい!
私たち夫婦が良く知っているJさんは、台湾にいて、今電話
している人ではない。
 夕方になり、こちらからのお土産も用意して
連絡を待った。
 駅に着き、私が教えたとおりに、最寄のバスに乗り
最寄の停留所まで、迎えに行った。
2人の長身な青年が立っていた。
 一人は片言の日本語で、一人は英語で話しかけてきた。
 そう!この童顔の青年は、Dではないか!昔香港で、なれない生活

ホームシックにかかっていた頃、知り合った一家の成人した
息子さんではないか。

 彼は10年前にも、家族4人で来たことがあった。
電話してきた青年は、現在日本で留学生活を送っている
友達だったのだ。
 赤ん坊の時から知ってる、まつげの長い童顔がんつかしい。
6月に結婚するのだそうだ。
 
 良くこんな遠くまで、2回も訪ねてきてくれたものだ。
2年に満たない短い香港生活だったが、毎週日曜日の礼拝に出席し、
、いっしょに料理をグ食ったり、サーカスを観にいったり、
食事をしたり、クリスマスやイースターを祝ったり、夜の市場
(日本人だけではいけないような)をめぐったり。

私たちが、日本へ帰ったあと、彼らも台湾へ帰った。
 可愛い顔の

 今カナダにいる私の長女とは、一学年ちがい
だった。お互いに笑ったりして遊んでいた!日本語と北京語が
行き来していたなあ!
 
 私たちがここに引越したあとで、会社の出張のついでに
家へ寄ったこともあった。
 約10年まえ、中国の旧正月休暇の時、家族で日本へ来たときは
我が家に来てもらって、食事をしたなあ!あの頃私はまじめに、たくさん
料理を作ったものだ!
 彼は、10年前もこの椅子、この場所、ネコの変わりにポップ
と言いながら、写真をパチパパ!
 こんなときにも、私の携帯カメラは、役に立たない。(クソ!)
あなたたちは、それからもいろいでかけているのに
なぜ台湾には来ないのか?

 ウーン、難しい質問!
兎に角来てくれてありがとう、これからも、世界に足跡を残して
今度は自分たちの家族を作って、また着てね!






 


 


 
[PR]
by popmamy | 2009-04-17 00:41 | 季節

ポップのお花見

 4月も2週目の週末になろうとしている。
桜が風に吹かれても、散ってしまわない、春だ。
来週は、ハラハラと散り始めるだろう。

 桜もまだしっかりと枝についている、どんなに風が強く吹いても!

 団地の公園は、花桃(はなもも)の樹が、満開だ。
今年も、そんな気配がしたけど、なぜか、この季節がはじまると
携帯のカメラがおかしくなるのだ。
002.gif
 どこかをさわってしまうと、撮影サイズがくずれ、はてしな
く大きな映像になってしまう。
 ポップをつれて、「万葉公園」へ行った。
名前のスケールは大きいが、町の小さな公園だ。

 丘になっていて、360度見渡せる。
車で行って、駐車場にあずけ、お昼のパンとジュースを
買って、何年ぶり、いやポップもいなかったころの
行った所だ。 でも、桜は、(他の花も)満開で、散歩をしている人も
お弁当を食べている人もいた。
 ポップは、初めて来た公園をトコトコと良く歩いた。
6月で、8歳になるのだが、、とても元気だ。
 
 万葉公園だから、万葉時代の植物が植えられている?
 下の方に、お寺と、植物園と言うか、畑というかあるのだ。

 娘達を連れてきたことも何回かあったなあ。と
「ホラ,見てごらん、キシャポッポ!」
蒲公英(たんぽぽ」を指さして、次女がつぶやいた・・・
いや、誇らしげに、蒲公英を紹介してくれた!
お父さんと、おかあさんと姉に教えるように。

 町の中の公園から戻って、今度は、団地の裏山の桜を観に行った。
一面に桜の花の甘い香りがしたが、植えられて25年たつので、
花は、はるか空の上だった。
 珍しい野生の花みたいだった。
 その下の公園では、幾つかの団体が、それぞれに
お花見をしていたそうだ。
 ポップはトコトコリードに引かれて歩いているのだが、
まるて、両親に両手を引かれて歩く
子供のようだな!と思った。
 



 
[PR]
by popmamy | 2009-04-10 23:23 | 季節

さあ、読もう

 どうやら、読みたい本が見つかって、読み始めたり、楽しみな
ことだ。
 今年の読み始めは、「次郎と正子」
今年の初めに、テレビドラマ化されていた、白州次郎と
正子の、娘(牧山桂子)から見た、二人の生活ぶり!
 ドラマは、8月ころに最終章が放映されるそうだ。

 知人、友人、師たちが、白州さん、白州さん、白州
と言うし、町田の、白州邸を行ったこともあるので、とりあえず
本屋の白州コーナー!から探した。
 ドラマの彼らは、堀の深い、日本人離れした、ステキな
カップルだった。
 写真を」見たら、実物の夫妻も、背が高く眉目秀麗だ。
末っ子の牧山桂子さんは、自由奔放に、すくすくと育てられた
そうだ。
 何年か親子で出かけたスキーは楽しそうだったし
チョと変わった二人には、ふさわしい冬の楽しみだったようだ。

私も20歳~33歳まで、冬はスキーを楽しんだ。
私が初心者からかなり(私なりに)中級者になった10年
は、用具やウエあーーや金具など進化していった時代だった。
 この親にしてこの子あり。
父と娘が気が会う場合
夏の第3回のドラマが楽しみだ。

本・・2冊目。
「つみきのいえ」
絵:加藤久仁生 文・平田研也
これは、昨年度、アカデミー賞受賞他か、各国で受賞した本の
原作。

印刷した絵本もいいけれど。アニメの方も見たい。

 3冊目冊。
「ひとりっ子の取り扱い説明書」
裏表紙に、「自分のことでいっぱいの脳内」
イラストはわれ、我、我が脳内に充満し、他人と犬

 私の夫は、一人っ子。このイラストを見て笑ってしまう。

パラパラめくっただけで、その通りよね、と納得。
3冊目は」長女の説明書。
私は長女!j両親にとって初めての女の子。
一人っ子の取り扱い方は、苦労するけど、自分の
ことはわからない。
項目をチェックして行くのだ。
一応製本された本なのでチェック入れて行くの躊躇する。
それに、自分を撮り使うと言うのもねえ!
一人っ子と結婚しちゃった長女の、妻業もけっこうハードです。

 じっくり読んで、取り扱い説説明書を利用してみよう!
[PR]
by popmamy | 2009-04-04 00:47 |

今年は花壇を・・・

 風邪を引いたり(しつこかった)、あたふたと
家事に追われているうちに、4月になった!
 去年は、カナダに行く準備をし始めた頃だったなあ!
庭は、元々季節に咲くものだけが、花を
咲かせていたが、丁度手入れが必要な頃を、留守にするので
自然に任せた!

 今年は、スーパーの入り口などに、置いてある
苗をすこしづつ買って来た。毎年咲く水仙は
今盛りだ。
 バンクーバーで、花盛りだった、西洋石楠花も
蕾が大きくなって来た。

 庭のまんまん中にある古木!の、ビックリグミを
去年思いっきり短く刈り込んだので、今年は
水仙も涼しげに咲いている。何の手入れもしなくても
毎年同じ場所に、2種類が・・
  
 しばらくブログをアップしないでいると、あら?写真は
どうするんだったっけ!などと戸惑ってしまう。
 
 それでは、イザ花たちを、、、、
いや、今日は植え込んだだけで、写真は撮らなかったかなあ!
e0047282_03354.jpg



 
[PR]
by popmamy | 2009-04-03 00:06 | 庭、花