<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

インフルエンザ

  中世のヨーロッパで、ペストが流行り
  たくさんの人が死んだ。
  
♪ Ringaround a rosy
Pocketfull of poisy
Ashis aschs ashis
we dll all down♪
  マザーグースのチャンツの中にある
 
子ども達のわらべ唄。
英語教室の教材の一つとして、使ったものだ。

 輪になって遊んでいる子ども達のほぺは、
熱で真っ赤になり、ぽっけとの中もばい菌でいっぱい!
みんな灰になって倒れてしまう

 インフルエンザにかかったのは、子どもが小学生の時。
夫や、子どもから移されて、最後にダウン、中々
立ち直れないというパターンだったが、
ここ10年以上、感染はしていない。
 夫はワクチンをしているか。
大人になってからのインフルエンザはきつい!

最後にインフルエンザになってから、10年以上
無事だ。でも、もし感染したら、キツイダロウナア!
ワクチン開発、聞かなくなる、又開発・・・・
 ゴチャゴチャ言ってないで、病院へ行けばいいのよね。
行った先の病院で感染したらどうする!

 私の対策は、マスクとうがい、人ごみの出ない!
これだけ。
そして春を待つ。
黒死病と言って恐れられたペストは、征圧されたのか?
押さえつけたと思われる事でも、決して、全滅はしていない
だろうなあ。

 走り続けることを休んで、体調を整える季節だ。
それなら、こんなに夜更かしして無いで、
お風呂に入って寝ることだ!

 





 
 

 
[PR]
by popmamy | 2009-01-30 00:15 | 季節

カレン逝く

 カレンはトイレの使い方が綺麗だった。
e0047282_146945.jpg


よたよたと、トイレまで歩き、用を足して、又
戻る。最後は、帰りは抱いて運んであげた。
水をたくさん飲んでは、トイレに行く。

 朝、このまま静かに見守るのか、点滴でもしたほうが
楽になるのか、迷ったたが、連れて行くことにした。
洗濯ネットの大きいのがあるか、犬友達に聞いたら、
持ってきてくれがが、一緒に行ってくれる(ありがたい)
というので、抱いてもらって、出かけた。
  もう、脱水状態で、体温も下がっていると言う。
元気な頃は、抱いてバスケットに入れる!などという
事は、けっしてさせてくれなかったが、今日はもう
静かに、なすがままだった。
 入院して、点滴をしてもらったが、午後2時ころ
電話がかかった。
残念ながら・・・亡くなりました・・・
腎臓が悪くて、腎不全を起こしていた・・・
死因は、腎不全だtったそうだ。
野良ちゃんだったから、家に馴染むのに
時間がかかった。2階の唐紙は、張りなおしたばかり
だったのに、1ヶ月で、ビリビリになった。
カレンが生きている間は、唐紙はこのままねと決めていた。

 しかし、徐々に馴染み、メスネコなので、おだやかで
初めて私に寄りかかってきた時は、感激したものだった。
 オスネコのチャオは、腸の病気で亡くなった。
彼の死は本当に大変だった。腸が悪くなったので、
お漏らしも大変だったし。
 アドと言うメスネコは、朝起きて、下へおりていったら
今私がパソコンを置いてある部屋にで、静かに
息絶えていた。
  彼女達は、静かに、最後までトイレへ自分で行って
水だけを飲み、横たわった。
 最後まで家に置いておきたかったが、また帰ってきたし。
病院へ一緒についてきてくれた、犬仲間のYさん、
本当にありがとう!人が来るとさっとかくれてしまう
シャイなカレンを、今日はじめて見た、Yさんだ。
 時々、逃亡して、隣の庭を突っ切って、どこかに
出かけていたこともある。しかし、ちゃんと戻って着たけれど。

 一時は、ネコ3匹、そこに長女がポップを連れて
一人暮らしを切り上げて戻って来たのだ。
そんなににぎやかな我が家だったけど、ポップだけが、
今は、寒そうに、自分で、カバーをぐちゃぐ今はちゃにした
ソファの上で、ポツンと座っている。
 後悔の多い、カレンの病と死だった。

しかし、つい最近まで、キッチン進入成功のあかつきには
垂直ジャンプで、シンクに上り、残飯をあさり、固く蓋された
ゴミバケツの隙間から、残飯を引っ張りだし、ポップにも
おごって、残飯パーティーしてたよね!
忘れないよ。



 
[PR]
by popmamy | 2009-01-27 01:42 | ペット

若い大統領

 ヤッパリ!新しいアメリカの大統領は、オバマさんが選ばれた。
そんな日が来るなんて、以前は考えられない事だった。
時代は変わったのだし、白人と、黒人の間に
多くの、それ以外の人種が、アメリカにも流れてきたので
黒人対アメリカ人として対立する事は少なくなったのだろう。
朝のNHKのプログラムで、女性の解説者が
言っていた。キング牧師も、天国で、感慨を深く味わっているのかも?
 夫婦で、目を見つめあいながら、世界中が見守る中で
ダンスをする!映画みたい!

 若い大統領といえば、私が思い出すのは、ケネディー大統領だ。
高校一年のときか、2年か忘れたが、若い40代の
大統領が誕生し、その就任演説を、英語の授業でやったのを
思いだす。
 ”国があなたに何をしてくれる”かではなくて、何をあなたは
国に出きるか・・” この長い構文を暗記させられたのなあ。
しかし、若い大統領は暗殺されてしまった。
 私の友人は、ケネディー大統領に」”恋”をしていた!

阿部前首相夫妻は、飛行機のタラップを降りるとき、
手をつないでいる。
 日本の天皇陛下も、タラップを降りるとき、皇后陛下の
手をとって、それから腕を組む。

 アメリカの新しい、若い大統領は、一晩中!ダンスをする。
どんな大統領になっていくのだろうか?
 やはり、アメリカは若い国だ。
もう1回行ってみたいよなあ!
[PR]
by popmamy | 2009-01-22 23:57 | 思い出

足元の光

  クリスマスに、ツリーを出さず、イルミネーションだけ、
いつものように、一本、 庭木に這わせた。

 イトーヨーカドーで、じかに壁のソケットに刺す
小さな飾りランプを見つけた。
e0047282_22543416.jpg

もう一つ、前からある同じタイプ
スノウマン
e0047282_22574125.jpg

前からトイレの足もとにおいてあるネコ。
 すでに25年以上住んで居るのに、壁にピッタリ着くタイプの
ソケットがあるのに来た着いたのは最近だ。
 これが便利。そして、中々ムードがある。
クリスマス以外のものがあるか、気をつけて見よう。
りビングの天井近くに一箇所、玄関の足もとに一箇所、
トイレの床近く。
 
[PR]
by popmamy | 2009-01-22 23:03 | 季節

アラ、こんなところに!


お正月のこと。
去年!ガソリン入れる暇が無く、
やっと、年が明けて、平成21年!
2009年?だよね。

 ガソリンを入れて、洗車も!
いつもの年は、暮に(大晦日だったりして)
混んだがそりンスタンドで、給油と洗車をする。
今年は新年を迎えて、やっとガソリンスタンドへ。
あら!可愛い、列車が!
マッサージチェアーも、試してみよう!
 キャア、体がよじれそう。
e0047282_1171630.jpg


 でも、満タンにして、洗車もしたけど、何もくれない!
暮やお正月に行くと、讃岐うどんとか、カレンダーとか
もらえたものだけど、ヤッパリ不景気なのね。
 今年も安全運転で行こう!
 
[PR]
by popmamy | 2009-01-21 01:34 | 季節

・・・そしてそれぞれの家へ

 告別式も終わり、火曜日の午後、叔母を囲んだ縁の
人たちはそれぞれの場所へと帰って行った。
 中年?の4夫婦、それぞれの子供。
子供達は、高校生からから、来ていない私の娘夫婦まで。
 団塊の世代があって、しばらくは空洞みたいに、少ない
世代があって、日本人は減り続けるのだろうか?
 子供の頃、しばらく続いたのは、5人家族だった。
弟が出て行き、私が出て行き、末弟が出て行き、
私の両親は、新婚の時と同じ2人になって、そしていなくなった。
 私たちも、今は2人の生活になった。
結婚して、最初の一年は、夫の母も居た。
どんなにか、2人になりたかった。
 今では、ずっと2人、タップリ人、何時まで2人かな?



 
[PR]
by popmamy | 2009-01-16 22:49

叔母逝く -2-

 斎場が混んでいて、まだ自宅で寝ている叔母と体面。
去年見た映画「送り人」を思い出した。
 綺麗に化粧されているので、若く見える。
私の母も、駆けつけた時には、すでに霊安室で
化粧が終ったばかりだった。参観日に、正装!で
教室に入ってくる姿を思い出したものだ。

 叔母は、最近では、家の中で、ふだん着の姿、
入院して、ホールでふうせんバレーを見学していたのを
見舞ったのが最後だった。

 いつも叔母の家を訪ねて、コタツに入り、
お茶などを飲んで、話が弾んだ午後を
思い出す。
 あの映画を見て数ヶ月、映画と現実は
同じようで違う。私も従姉妹も、親の晩年に付き合い
寂しさと、それでも久しぶりに会うと
話が弾む現実・・・
しかし、月はめぐって、逆周りは無い。
[PR]
by popmamy | 2009-01-11 01:46 | 祈り

叔母、逝く

 従妹から電話とファックスで知らせた届いた。
まだ松の内の1月7日。82歳にて、永眠。
 
 ㍽15年に生まれ、昭和、平成と生きてきた。
叔母の死で、父方の親族の最年長は私になってしまった。
叔母より、18歳若い!のだが、間に誰も居ないのも、確かだ。
 
 父は、男4人、女1人の次男だ。戦死や、病気などで、
第2次世界大戦が終った時には、2人亡くなった。
 
 それから、長い戦争の無い時代が続き、人もおおむね
生まれた順番に、亡くなっていくと思う。

 叔母はめんどう見が良くて、几帳面な人だった。

私は、叔母と顔がそっくりだ。自分の母より、叔母とか、
父によく似ている。

 私の両親が相次いで亡くなったときも、あれこれ
手伝って、ボーっとしている私たちを、手伝ってくれた。
 人生のいろんなところで、支えてくれた。
昨年は、一度も、お見舞いに行って無かったかな!
叔父の葬儀に行ったのはその前の年だったか!
 叔父の葬儀の時に、私を見て、○○子ちゃん(私のこと)
あんたも年取ったねえ!と言われたのが、最後の
会話だった。


 



 
 
[PR]
by popmamy | 2009-01-09 00:36 |

箱根駅伝

 今年も箱根駅伝の日が来た。
空は晴れて、明るい。
 時々往路か、帰路、または両方!忘れてしまうことがある。
人生の残り時間も先が見えてきたと感じるこのごろ、
好きなこと、大切にしていることなどは、なるべく
忘れないで、大切にしようと思う。
 今朝起きて、新聞をひろげながら、良かった、駅伝の
帰路を覚えていたとホットした。
 今年は、東洋大学と、早稲田大学が競り合って、
東洋大学が、初優勝した。
2日間で、狭い、急な坂を彼らは駆け登り、転がるように
又降りてくる。毎年、毎年、必ず。
 駆け上がり、駆け落ちる!
今年は、じっくりテレベ観戦できた。

e0047282_21303197.jpg

 


 
 
 
 
[PR]
by popmamy | 2009-01-03 23:07 | 季節

新しい年

e0047282_0122223.jpg

 ちょっと時間がずれたけど、あけましておめでとうございます。
結局はあけるのですね!地球は休むことが無いので・・
友人が、朝早くでかけて、映してきた写真を送ってくれました。

 本当に、今朝から夜まで、良い天気で、元日にふさわしい天気でした。
家は次女が2日ほど滞在して、又職場のある町へ帰って
行きました。
 今年のお節料理は、まあ、いい加減なものでした。
野菜は、犬仲間で予約して、暮に私の車で仕入れに!
行きました。大根なますにした人参は、とても甘かったし、
小松菜もほうれん草も美味しかった!
 
 教会の新年礼拝に出て、お汁粉と豚汁を食べ、
最近生まれた赤ちゃんを、何回も抱っこしたり、
いつもは、下を向いて無口な中学3年生の受験生
も、ニコニコしながら赤ちゃんを見て、可愛いいと
言ってました。
 次のお正月までにはたくさん時間があるから。
掃除も、片付けも、ゆっくりヤルサ!


 
[PR]
by popmamy | 2009-01-02 00:46 | 庭、花