<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今年も暮れる(2)

 行く2006年。
思い出すこと。
 1月 新聞で円谷選手の遺言を読んだこと。
 2月 絵門 裕子さんの死。
     この連載はまだ続きます・・・が絶筆だった。
 2月 映画「白バラの祈り」今年見た映画の中で
     1番 感銘深い。
 4月 ニュースでも、新聞でも、抱き合う63年ぶりの
    兄弟の白髪頭。
 6月 姑の、特別養護老人ホーム入所
10月 私の父方の叔父死去。
10月 猫のチャオ 死んでしまった。
12月 舞台、黄昏」ヲ見たこと。
12月 青島幸男さん、岸田今日子さん、カンニングの
     中島忠幸さん 死去

 今年のお正月には、チャオが死んでしまうなんて、
考えても見なかった。
正月の食卓には、猫2匹と犬1匹の、祝いのl
料理が並べられていた。食べさせるのは大変だったけど!

 この家に私と配偶者のおっさんと2人になってしまった。

来年はどんな年になるか?健康に気をつけて、
やりたいと思うことがあったら、実現に向けて、努力
準備をすること!
 遊びに来てくださった方、コメントをしてくださったかた、
良いお正月で有りますように、お祈りいたします。
e0047282_21235413.jpg

 
 
     
[PR]
by popmamy | 2006-12-30 21:03 | 季節

年末に・・・

 施設にいる義母を、娘と訪ねた。
娘に会うのは、5年ぶりくらいかな?
 いつも、行くと、どなたですかと聞かれる。
私は○子で、これはあなたの孫のS子よ、
と言うと、話を合わせてくるが、やがて、
思出だす。
 若い娘の出現に!他のお年よりも寄ってきて、
似てるとか、似てないとか、可愛いとか言ってくれる。
 いつも義母が一緒にいる、グループ?の
お年寄りも、大体覚えた。車椅子なのだが
しっかりしている女性は、股関節を骨折して歩けなく
なったのだそうだ。
 お正月は帰りたいと、その人は言っていた。
母は、今が年末だか、春だかわからない。
 しかし、突然現われた「孫」に喜び、
顔つきが明るくなってくる。
 良いことばかりでは無いだろうが、
「典型的な」お姑さんだった母も、
今は幼稚園児みたいなので、この施設で
このように人に囲まれて、日々をすごせるのは
本当に良かったと思う。
 ボーナスが出た娘から、初お小遣いを貰い、
私は素直にうれしかった。
私だって、晩年の入り口に立っているのだろうなあ!

 
[PR]
by popmamy | 2006-12-30 00:06

今年も暮れる

ことしも暮れると、キーを押して、画面を見たら、
今年も切れると出ていた!
今年も切れましたか!!

 12月は、忙しかったが、お金も体力も使って
友達と遊んだ!
 2週目、映画「プラダを着た悪魔」を見た。
娘たちが塾に行ってたころの、親の会!
 娘たちは、今年春、社会人になったり、更に
大学院に残ったり、あちこちに分散したけど、
私たちは○○会などと、今はつぶれてしまった塾の
頭文字を勝手につけたり。。。して年に数回集まる。
 
次の週は、前から楽しみにしていた、舞台「黄昏」
を、娘の幼稚園時代の友人と観に行った。
その頃は、ドアーto ドアー!で、子供たちは行き来
していた。今は数停留所、駅に近い!所へ
越してしまったが。
 以前はお芝居!など見る気もしなかったのだが、
なぜか、はまってしまった。
 色々運命?にもてあそばれて、日本にいなかったり
したが、再び、近くに戻って来た彼女と、(超多忙なのだが)
遊ぶ?用になったのだ。
 
 そして、暮れも押し詰まった27日、同僚達と
忘年会。

 今年の幹事さんが見つけてくれたのは(何年もまえ
見つけたそうだが
 「レストラン エール・テール・メール
ご夫婦2人で、すべてをやっている。
 建物の内装も、コツコツと、半年以上かけて、ご主人が
やったとか。
 オードブルから始まって、サザエやエスカルゴの前菜、
始の頃はシャメールしたのだが、途中から食べることに
専念して、すっかり忘れてしまった。
  貸切状態だったのだが、別のグループも
後から来て、お料理が出ると、一同で歓声があがっていた。
ブイヤベースらしき香りが漂ってきた。
 一種類ごとに量は少ないのだが、品数が多く
時間をかけて、ゆっくり食べられた。
 八王子市絹ヶ丘にあるのだが、夜、駅から
車に乗ってしまったので、行きかたを覚えてない。
 
 来年も、少し仕事して、少し?遊ぼう。
 



 
[PR]
by popmamy | 2006-12-29 23:27 | 季節

ターシャからの贈り物

今日がクリスマス。
テレビで「ターシャの贈り物・魔法の時間の作り方」と言うのを
放送していた。
 ターシャは91歳で、さすがに、庭仕事は出来ない。
しかし、静かで、絵のような生活を送っている。
息子、孫、ひまご、それぞれの配偶者、後継者。
 同じ思いの人たちが、ターシャの夢を受け継いで
楽園は維持される。
 絵本を書いて(売れるようになるまでは大変だった
と言っている。
 でも、手に入れた土地は、豊かに夢の実現を
かなえてくれる。
 実力と努力に裏打ちされた、夢の実現だ。
グランマ モーゼスのことも思い出す。
 クリスマスにふさわしい、番組だった。
e0047282_0321834.jpg

[PR]
by popmamy | 2006-12-26 00:32 | 季節

普通の小さめの教会のクリスマス

 今年もクリスマスが来て、そして終わっていく。
今年は、24日が日曜日で、クリスマスは明日だ。
 欧米のキリスト教国は、この時期1週間学校や、
職場は休みになる。
 香港も、私たちが居た頃は、イギリスの植民地!だったから、
1週間休みだった。今は知らない。
 日本では、教会は、何曜日であろうとも、イヴの
キャンドルサービスは、12月24日だ。しかし、今年は
12月24日が日曜日だ!
 普通は、12月20日前後の日曜日、クリスマス礼拝を
して、24日の夕方から夜、クリスマスイブの、キャンドル
サービスをする。
 今年、私が行ってる教会は、23日にキャンドルサービス
24日をクリスマス礼拝にした。
 沢山の人が集まった。遠くに住んでる人や、子供のとき
きていた人も。初めての人も。
 午後の祝会では、毎年腕を上げている、トランペット吹き、
毎年腕を上げている、ピアニストなどの奏でる音楽を
聞きながら、持ち寄りのご馳走を食べた。
 31日は大晦日なので、大掃除も今日やってしまった。
これが日本の小さな教会(プロテスタント)の年末だと
思う。
 帰りに予約しておいたクリスマスケーキを、
いつものPで受け取った。
 家のおっさんと二人で、食べた。ローソクもつけずに。
Pのケーキはやっぱり美味しい!
e0047282_0303136.jpg

ポップには、つめの垢ほどの味見をしてもらった。
 さあ、本気になって、掃除と片付けをしなくては!
もう不燃物のコンテナーは、逆さまになっている。「はやっ」

 
[PR]
by popmamy | 2006-12-25 00:34 | 季節

黄昏

e0047282_0445061.jpg
楽しみにしていた舞台「黄昏」を見てきた。
原題 On  Golden  Pond

場所: 「ル テアトル 銀座」
映画にもなっている。
映画は20年も前に作られたそうだ。

 でも、湖の美しさや、良く手入れされた上品な
夏の家、家族の写真などが、素敵とこの映画を
何度も見た友人が言う。
前から4番目のボックス席が取れたのも幸運。
 八千草馨は本当に上品できれい。
場面が変わるとき、すっかりライトを落とし
甘美な音楽が流れ、再び灯りがともると、室内は(場面も)
変わっている。
 黄昏は人生の黄昏
寂しい響き。黄昏前、黄昏後もあり!
 長いこと、青春気分でも、働き盛りでも、
結局、長く静かな黄昏時代
 映画も、見たい。

そして、劇場を出て、夜明け前ならぬ黄昏前の私たち
クリスマス前の銀座に出た。

 向かいの銀座三越を見ながらキムラヤで食事をし
e0047282_0285643.jpg


e0047282_0355052.jpg


お土産に「木村屋」のアンパンを買い、
暖かい!銀座をぶらぶらして

あまり寒くない我が町へ帰ってきた。
[PR]
by popmamy | 2006-12-20 00:45

屏風

 また訃報
夫の故郷(3年しか住んでいなかったらしい)、
東北地方のある町。
 そこに住む親戚から、本家の当主が亡くなった
と電話。
 今年3度目の訃報。
本家から、夫の祖父が分家して、夫で3代目。
夫は一人っ子で、わたしたち夫婦には、娘しかいない。
 亡くなった当主は、夫の何にあたるのだろう?
夫の父の従弟か?
 
 いずれにしても、身の回りから、だんだん年上の
知人、親族がいなくなる。
 井上 靖の「わが母の記」にも書いてある。
父親がなくなったとき、自分の死と言うものから、
屏風のように、守ってくれていたのが、はずされ
モロに、立ち向かわなければならなくなった・・・と。
 わたしもある時期から、両親のチョッと前の世代の
人が亡くなると(有名人など)、何枚岩だか知らないが
先の方にあった、死と言うものに、父や母がさらされて
居ると感じたものだ。そして、その日が来るのを恐れた。

 しかし今や、私の前には、僅かな年長者しか
いない!両親は相次いでなくなり、叔父や叔母が
ポツポツ居なくなる。屏風も薄くなる。
 キャッ・・・ヤバイじゃない。
[PR]
by popmamy | 2006-12-17 23:53

ハクビシン

白鼻心
 ジャコウネコ科の哺乳動物。体長50センチメートルくらい。
毛色は全体に黒褐色で、顔、四肢、尾は黒い。名前は
鼻の白い線に由来。目の下、耳の下に白斑を持つ。
ー広辞苑ー

 夕方の散歩に出て、いつもの公園でボール投げを
しようとリードをはずしかけたら、パピヨンの「クオン」ちゃん
(わたしは心の中で「久遠ちゃん」と呼ぶ。)の
お姉さんが、今ハクビシンの死体を見つけて、くおんが
反応しているから、リードをつけておいた方が良い、と言う。
 ダックスのチャーリー、ロッキーなども集まり、
死体を見つけた。
 大人の猫くらいの大きさで、顔がとんがっている。
カラスにつつかれたのか、頭の一部の骨が出ている。
 ハクビシンは、多摩動物公園にいるのは知っている!
飼育されている。こんな住宅地にどうしていたのだろう?
 タヌキもたまに死んでいることがあると聞く。
彼らの方が先住動物なのだよな!
 死体を見ると、かわいそう!と思う。
しかし、犬を近づけるわけには行かない。
 ここは、すっごい郊外だ。
公園が市の管轄内なので、明日、市の人が引き取りに
来るそうだ。クオンちゃんのお姉さんが全部、やってくれた。
 テレビのヒュースなどで、高尾山や、恩方に、熊が下りてきた
などと、報じていたし!
 暖冬で、彼らの餌が無いとも聞く。
彼らには厳しい冬になるようだ。
 
[PR]
by popmamy | 2006-12-14 23:52

名残りの落ち葉

 吹き寄せられた落ち葉も、中々綺麗!
e0047282_0234258.jpg

e0047282_0255513.jpg

今年ももうすぐ終わる。
1日は24時間、1週間は7日。1ヶ月は30日、31日。
1年は12ヶ月。1日の始め、1週間の始め、1ヶ月のはじめ
まだ、タップリあると思ってしまう。
しかし、チョッと時間が動き始めれば、後はどんどん進む。
木々の葉も、散っていく。
急ぐのか、急がないのか?
急ごう!
e0047282_0353139.jpg
[PR]
by popmamy | 2006-12-12 00:30 | 季節

やっとヌード卒業

 昨日、やっとクリスマスツリーに飾りをつけた。11月末にツリーだけ
だしたのだけれど、置き場所を確保して、戸棚から箱を
引っ張りだしたり、中々やる気になれなかった。
 子供が子供だった時は、どんなに楽しい
作業だったろう!何でもラッピングして、ツリーの下に
置いた。
 本物のもみの木は、無理なので、何代目かの
模造?もみの木。
マライア・キャリーのCDかけて。
 でもプレゼントは、かれんだーばかり。
e0047282_22162474.jpg

 ツリーは一時これでもかこれでもかと、オーナメント
下げたけど、半分以上捨てた。来年は木をとりかえよう。
もっと小さく。
 
e0047282_22193750.jpg

いつか、面倒くさくなって、飾らない日がくるだろう!
[PR]
by popmamy | 2006-12-10 22:20 | 季節