<   2006年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

これは何?

Eが、妹のSの誕生プレゼントに、送ってきたもの。
e0047282_22144466.jpg

 送り主の名前が書いてなかったので、何だ、何だ、誰かアンケートとか
出したの?などと言ってたが、送り主はEと判明した。
 Sは、微妙?と言いつつ、中味を点検して、ピアノの前に置いたまま。
中に食べものが入っていなければ良いな、と思いつつ、撮影!をして
再び箱におさめ、ピアノの前に設置した。良く見れば、可愛いかな?
確かに微妙、23歳の誕生祝いにしては・・・
[PR]
by popmamy | 2006-06-30 22:22

入所/ビートルズ

 長い1日だった。今頃、母は、夜になっても一人にならないで、眠っていることだろう。
ヘルパーさんが、身支度をしておいてくれた。タクシーを呼んだ。
わたしの車と違って、中が広々、いすカバーも真白。
 チョッと躊躇して、お前たちだけで行け、と言われたが、夫が車に乗ったら
母も乗り込んだ。
 約1時間のドライブ。わたしは助手席で、道を覚えようと頑張ったが
むりだった。
 夫の話だと、母は、道中、窓の外の流れる景色を、子供みたいに
きょろきょろ見ていて、気分よさそうだったとか。
 早速、部屋に通された。そしてすぐ、昼食。おなかがすいたのか
(わたしたちも空腹)出された食事を食べ始めたので、契約の手続きの
ため、別の部屋に。
 転出や、住所変更の済んだ書類をお出しください?何?二人とも持っていない。
又、やってしまった!夫婦そろってアホなんだから。
 後日持参することにして、様々な種類の契約書の説明を聞き
署名捺印をする。身体拘束は、決してやらないなどの人権に関することから
、お金のことまで。
 二人で聞いたので、二人とも相手任せな感があるが、書名して印を
押したのは、わたしじゃないからね!

 母の部屋は2階で窓際。寝ていても外が良く見える。
長いドライブで疲れたのかうとうとしていた。
 外へ出て、タクシーで最寄の駅へでたが、レストランらしきものは無く
食堂は「準備中」。すでに3時過ぎ。電車で、乗換駅へ出て、
食事を出来たのは、5時過ぎだった。
 駅ビルの、中華街でぐるぐる回って、やっとありつけた食事は美味しかった。
e0047282_042983.jpg

 この2週間、あれよあれよと言う間に事態は動き、沢山の人の手助けで
母を安全で、清潔で、健康に暮らせる環境へと、送り込むことが出来た。
 ホットしているが、何がしか、心は痛むのだ。

 あれよあれよと、動き回っている間に、ビートルズ初来日(それしか
来日していないが)40周年!特集をラジオで聞き、これまた、色々
な思いが、駆け巡った。
 はじめてみたマッシュルームカットの、(特にリンゴ・スター)顔に
びっくり。特別熱烈なファンではなかったが、何時のまにか
4人の顔と名前と声と、ポールの作った曲、ジョンの曲なども
分かるようになった。「別の映画との3本立て!で、「ビートルズが
やってくる、ヤーやーヤー」を見てからは、好きになったなあ~
 またこれは後日ゆっくりと・・・・
[PR]
by popmamy | 2006-06-30 01:05

持ち物

 夫の母の入所?が近づいた。昨日、今日と、持ち物揃えで忙しかった。
生活の場が変わるのだから、ある意味引越しの一種だもの。
 日曜日午後、かなり完成した、圏央道を、散々な想いをして運転し
母の行くべき特養へ出向き、打ち合わせをしてきた。
(当日はわたしが運転して行く予定だったが、2度と、あのトンネルの多い、
インターとバイパスだらけの、危険な道を運転したくない)ので、タクシーを
使うことにした。)
 <特養に行くときの持ち物>
○衣類。動きやすく、着脱が容易に出来るものを7着程度!。
 パジャマを3着。季節により、コートやジャンパーなども。
 肌着も7セットくらい。
 靴下。多めに。
○靴2足。1足はバレーシューズと出来たらマジックテープの靴。
○日用品は、施設で用意する。1日250円。内容:ティッシュペーパー、歯ブラシ、
  などの口腔ケアー用品、入浴用品、食器類など。電気用品、介護用品などは
  申し出る。
すべて新品でなくても良い。
 昨日今日で、買い集めた。そういえば、世間はバーゲンをやっていた。
ボーナスも出はじめたのよね~(ため息)

 大型スーパー、ユニクロ、靴卸売りセンターと、暑い中走り回った。
パジャマは半そでが主で、長袖は見かけなかった。
靴は、マジックテープのがあった。介護用ではないけれど。
ついでに自分の夏用ドタ靴も買った!
 嗚呼、お金が大量に出て行くので、気持ち悪くなった!

電話で、タクシー代聞いたら、母の家から施設まで、高速を使って
9000円!良いさ、あの道は、特にTトンネルは2度と走りたくないから。
 母を危険な目に合わせたくはないし~

 そういえば 10年前、自分の母親を老健や病院にあづけるため、
支度しなよjなあ。
 ああ、いつか、そう遠くない未来に、娘が、わたしの入所のために
品揃えするのかなあ、いやこのわたしが、夫のための支度
・・・!!!先のことはかんがえるな!
 昨日は夫が、K市の市役所で、転出や、保険証の住所変更や、その他
役所関係の手続きをしてきてくれた。
[PR]
by popmamy | 2006-06-28 00:37

・・・・・・・


e0047282_0412020.jpg

猫は何匹いるでしょう?
[PR]
by popmamy | 2006-06-27 00:42

終の棲家?

今週の入所が決まった、義母の特養(特別擁護老人ホーム)へ
説明と細かい打ち合わせをしに出かけた。
 空きが出たので、出きるだけ早く、埋めたいのだそうだ。
普通、終生死ぬまであづかってくれると思っているけどそうではない。
 やはり病院だった!1ヶ月入院すると(特養から)20万円の入院料
請求されるとか。幸いにも退院できたときは、すぐ再入園してくれるそうだが。
 入所費用は段階がある。一番多く市から補助が出るのは、生活保護を
受けている人。2段階目めは収入が年80万円以下の人。遺族年金は
課税の対照にはならないので、国民年金の受給を受けている人は
ほとんど、この2段階目が適用されるようだ。
3番目は年収がさらに多い人・・と、5r段階まであるそうだ。
 そこに介護保険も登場してくる。
 義母は女の細腕で建てた家を誇りにして、質素な生活をしていた。
だから、わたしは最後まであの家で過ごせたらよいのにと思っていたが、
在宅介護だけでは、成り立っていかなかった。
 自分がそんな役目(母を特養に連れて行く)をするなんて夢にも思って
いなかった。

 その特養は、山の中ではなく、静かな住宅街、マンション街の中にあった。
まだ新しく、ロビーの中央に木が植えてあり、屋根はなかった。
 
 持ち物、契約、住所変更、などなどやることは沢山ある。
でも一番聞きたかったのは、要介護3で、古いことは良く覚えているが、
今やってたことを忘れる!母に、どうやって、今日から、
、ここで暮らすのよと言うか。
 相談員の人は、その人の性格とか、認知症の程度で違ってくる
と言う、模範的な答えを言われた。
 義母は、出かけられなくなってからも、素敵なレストランで、
食事をしたがった。
 急に言われても、服装とか、状況とかが合わせられなかった。
素敵でなくても、近くのレストランで、軽い昼食をしてから、出かけることに
した。時間かかるかな~トイレ間に合うかなあ~と思いつつ。
 







 
[PR]
by popmamy | 2006-06-25 21:14 | 季節

フルーツフルーツ

お中元とか、内祝いとか、のしのついた贈り物が到来する季節です。
貧乏なわたしはとっくに虚礼廃止で、何も出さないようにしています。
お礼のお礼だの、大変だし。
 でも虚礼大好きな夫は、親類が作っているワインを乱発するのだ・・・

 6月の初め、大きな箱が届いた。
中は
e0047282_035578.jpg

これ!ジューシー・オレンジと言う名前。淡くて、水気があって、本当に美味しかった。
白い皮も、分厚いけれど、スポンジ風で、包丁で剥ける。
 でも・・・配っても配っても、減らない。なるべく早く、食べてください、冷蔵庫に
入れても、どんどん、水分はなくなるから・・・と、送り主さん。
 でも夫婦2人だし、最近一人暮らし始めた次女だって、やってきたとき
一つ食べるのが精一杯。
 次におとといとどいたのが、これ、ぎっしりつまったさくらんぼでした!
大好きです。でも・・・
e0047282_093314.jpg

 これも、熟していて、甘くて、本当に美味だった。
二人では食べきれないほど沢山。
これは、到来物ですが・・と配るわけには行かない。
しかも、送り主の苗字が同じでした。○田さん。
 二人とも夫の知り合いで、わたしは顔を知らない。電話でトンチンカンな
事言ってしまった。
 あの~果物送ってくださる方方、できるだけ少なめにしてください・・・
あの~私に送ってくださる場合は、くだもので作ったお酒とか・・・
 
[PR]
by popmamy | 2006-06-25 00:19

ポップとボール

 外へ出たがりのポップは、ボールが大好き。
e0047282_233212.jpg

小さな4本の足が、走るとあられちゃんの漫画ではないが、輪が回転してる様。

e0047282_2364247.jpg
一緒にいるのはゴールデンのキキおば様。大好きです。くわえているのは
ラグビーボールです。
e0047282_2391587.jpg

まだねむいのである
 
 夫婦2人だけになってしまったので、犬も猫も、可愛いのだ!
[PR]
by popmamy | 2006-06-23 23:19 | ペット

今年も咲いた!

  雨が続いたり、降って湧いたような、義母の施設入居準備などで、
しかも映画なんかも見て、気にはなっている庭に、又、忘れずに花は咲く。
 
e0047282_2359407.jpg

ゆり、今年はこんな色。毎年色が変わります。

数年前、高幡不動で買った山紫陽花です。年々ピンクの色が濃くなって
きます。
e0047282_2317836.jpg

 



 
[PR]
by popmamy | 2006-06-22 00:12 | 季節

13歳の夏に僕は生まれた

~Once You’re Borne~
澁谷「文化村」

イタリア映画。
イタリア映画といえば、リアリズム、暗い、貧しさの中のたくましさ。
わたしが見たことのあるイタリア映画は、「ブーべの恋人」
「ひまわり」ソフィアローレン主演の「二人の女」など。見ていないけど
有名なのは「自転車泥棒」
 ビデオで見た「ニューーシネマパラダイス」などなど。
 貧しいけれど、たくましく、けなげに生きる人たち。

 今日見てきた映画の、父親は、工場を経営する、社長で
13歳の息子を愛するお人よしの父親だ。
 クルーザー?を持っていて、友人と息子を乗せて、海へでる。
一緒に行った友人が、あの甲板は危ないなあ、子供落ちそうだなと
おもったとか。
 
 夜の海に彼は足を滑らせて、落ちてしまう。パパと叫んでも
パパは船室で友人と話しこんでいる。息子は眠っていると思っている。

 愛されて育った13歳の息子はそれなりに賢明で、波に身を任せて
浮かび、密航船に助けられる。
 ヨーロッパから、アジアから、子供も!新天地イタリア!豊かなイタリアへ
と向かう。
 知り合った兄妹に親切にされる。船は捕まり、全員とりあえず
収容所に入る。
 お人よしでお金持ちの父は、命の恩人、親切にしてくれた兄妹に
心から感謝し、サポートを約束する。
 今までのアメリカ映画に出てくる父親みたいに、気前が良くて
好人物。
 やがて、この兄妹の正体もばれて、13歳の少年が見たり経験した現実は
厳しい。ラストシーン、、妹と称していた少女にパンを買い与えるサンドロは
この事件を乗り越えて、成長し、父親のようなgood citizen になるのだ
ろうなあ?
 映画のあとで食事をしたレストラン前の大理石!の広場

e0047282_094797.jpg



 
 
 
[PR]
by popmamy | 2006-06-21 00:13 | 映画・DVD

願っても・・・

 クリスチャンの女性が亡くなった。
ずっと具合悪くて、もう誰とも会えないという状態だった。
彼女はクリスチャンだ。彼女のお母様も、老齢になってから
洗礼を受けたのだそうだ。
 でもお母様は、結局は、親族によって、仏式の葬儀で、送られた
そうだ。
 
 彼女は、なくなる前に、仏式の葬儀を望んだので、親族だけで
密葬と言う形で送られたという。
 亡くなったことを聞いて、かつて親しくしていた友人が、お別れの
ご挨拶に行ったら、本人ののぞみだったから、仏式で葬儀をし
戒名もつけられていたとか。
 どうやって送られたとしても、何教方式であれ、本人はもはや知る由もない。
自分と神様の約束なのだから。
 充分アピールしなかったからいけなのだ!なんて、天国で責められたりは
しない・・・・と思うよ。
 それにしても、何と言う弱い立ち場なのだろうか、女性って。
と言うか妻と言う立場が。
 夫の社会的地位が高かったりすればなおさらのこと。
[PR]
by popmamy | 2006-06-19 23:53 | 祈り