Away in a manger

古いLPレコードをひっぱりだした。
 「NOEL JOAN BAEZ」
1966年!
プレイアーはあるのだが、針を長いこと、取り替えてない!
それで、聞けない。

かいばの桶で・・・・
 
 英語では

Away in a manger, no crib for a bed
The little Lord Jesus laid down His sweet head
The stars in the heavens looked down where
he lay
The little Jesus sleeps on the hay.

The cattle are lowing, the Baby awakes
But little Lord Jesus ,not crying He makes
I love thee, Lord Jesus , looked down from the sky.
And stay by my cradle till morning in is nigh.
 
 聖歌 667番

1.かいばのおけですやすや おやすみなさるイェスさま
  おほしはそらで パチパチ まばたきながら見ている
2・かちくの こえでさめても お泣きになるぬ イェスさま
  わたしのそばについてて ください あさがくるまで

しかし、この歌詞は古すぎる!
こどもさんびか集」では、少しづつ
変わっているような気がす

 もう一つ
 オー、ホーリー・ナイト
かつて恩師が、フランクシナトラが歌うオーホーりーナイトは
ラブソングだ!と不謹慎なことを言ってたなあ。

 こちらは、マライア キャリーのCDを、毎年この季節
磨り減る?程聞いている。

 これはどの讃美歌集に入っているのだろう?
 
♪歌いだしは 爽やかに星はひかりて・・・
次女が行ってたミッションスクールでは
この歌は、高校3年生だけが、クリスマス礼拝で
歌えることになっていて、1年かけて、磨きこむ?
感じで、歌っていた!

「爽やかに星は光りて」と言う本もある。
これも繰り返し読む。遠藤周作、その他の作家によって
集められたクリスマスの思い出の記録だ。
 クリスチャンだけでなく、クリスマスに関わる
思い出の、随筆集みたいなもので、静かな、チョッと
暗めな、古いなつかしい雰囲気の本だ。
ブックレビューにも出している。

 追伸!今日は冬至だった。ゆずも買わず、ゆず湯も
出来ず、南瓜も、小豆も食べなかった。
明日1日遅れのゆず湯と、南瓜と小豆のなんかを
作ろう!

 

 
 



 

 



 
 
[PR]
by popmamy | 2007-12-16 22:59 | 季節


<< 功名が辻 candy cane >>